NEWS

2021/06/03

「多様な世代が集う交流拠点としてのスタジアム・アリーナ」の選定について

このたび、2023年1月竣工予定の「里山スタジアム」が、スポーツ庁及び経済産業省が定める「多様な世代が集う交流拠点としてのスタジアム・アリーナ」に選定されました。

これは、成長戦略フォローアップ(令和2年7月17日閣議決定)において、「全国のスタジアム・アリーナについて、多様な世代が集う交流拠点として、2017年から2025年までに20拠点を実現する」とされていることを踏まえたものです。

「『里山スタジアム』というユニークなコンセプト」や、
「訪れる人々を、試合の時間だけでなく、半日~1週間、あるいは一生のスパンを通じて楽しませることができ、サッカーの熱狂と癒しの里山空間を提供し、 人間らしさや心の豊かさを獲得する拠点となることを目指している」ことなどを高く評価していただきました。

引き続き、365日人が集い心の拠り所となる「里山スタジアム」整備に向かって関係者一同推進してまいります。

スポーツ庁HP
https://www.mext.go.jp/sports/b_menu/sports/mcatetop02/list/detail/1411943_00004.htm

このニュースをシェアする