STORY

2021/06/28

里山スタジアムプロジェクトストーリー

<里山スタジアム>を形成する仕掛けづくり

<里山スタジアム>は、365日の賑わいを創出する仕掛けをふんだんに盛り込みました。サッカーの試合日は、お祭りのようなワクワク感を演出する<里山>空間に加えて、臨場感あるピッチに近い観戦環境、VIPルームや多様な観戦環境を生み出す<里山ボックス>、スマートテクノロジーの導入など、試合をより楽しんでいただける最先端のサッカースタジアムとします。また、試合のない日も訪れる人々が関わり合いながらゆっくりと憩え、様々なアクティビティも体験できる開かれたスタジアムを目指しています。訪れる季節や時間ごとに違った風景を見せる<里山>空間は地域の皆様と共に創り上げていきながら、常に進化し続けます。地域や自然環境との連携や循環の中で成長し続ける<里山スタジアム>は、今後、何世代にもわたって愛され、まちのシンボルとなっていくことを目指します。

PROJECT LOGO

ロゴマーク

今治の街並み、自然やサッカースタジアムを一筆書きのように描いたロゴのデザインは、スタジアムを中心とし、地域とヒトとの「つながり」を表しています。里山スタジアムが、さまざまな繋がりにより生まれる次世代文化・交流の拠点となっていくようにとの思い込めたデザインとなっています。

展開パターン

CONCEPT MOVIE

このニュースをシェアする