NEWS

2021/11/23

【里山レポートVol.20】基礎工事が始まり、鎮物をお納めしました

先週から、基礎工事が始まりました。
里山スタジアム建設予定地に大型重機がいくつも入り、基礎をつくるための掘削(地面を掘り起こす)工事が始まり、随分と風景が変わり着々と工事が進んでいる様子が夢スタから見られました。

工事の現場所長にお話を聞いたところ、杭は用いず、硬い地盤の上に直接基礎を乗せて工事は進むそうです。

クラブハウスの建設予定地では掘削作業を進めており、(仮称)里山スタジアム建設工事地鎮祭を執り行った際に、神社よりお預かりした鎮物を、11月19日(金)地下に納めました。クラブハウスが建った後も安全に見守っていただけるよう、建物の中央付近の地中に鎮物を埋めたのち、一礼をし、神様にお供えしました。

また、フィールド部分では、土盛りスタンドを作り始めたりと、建設予定地の中でもあちらこちらで動きが出始めています。

今週末のホーム最終戦では、ぜひ、ありがとうサービス.夢スタジアムから建設予定地の様子を横目に、試合観戦をしていただければと思います。

このニュースをシェアする